徳島シクロへ。泥んこクロス。

ちょっと思ったより寒い。

風がよく通るようです。
四国三郎吉野川の河川敷特設コースは今年もシクロクロスてんこ盛りの面白いコースでした。

トラブル続出です。
C4に旅立った3名は1人が帰ってこないゾ。
(チェーン切れ)

2人は表彰台を狙ういい状況から、しかしゴールスプリントに戻ってきたのは1人…。
(ハンガー曲がり)

…そして生き残った1人は表彰台!
2位。
とうとうやってくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

RDトラブル!しかし完走。

RDトラブル!しかし完走。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

祝2位!C4にて。

祝2位!C4にて。

C2に備えて昼の試走に行ってきます。
何ヵ所か長い泥んこ区間があります。

辛うじて乗れるぐらい。
みんなこれを走ってたんだナア。
どうしようか考えながら2周目。
アウターロウでゆっくり泥ライドしていたらガキンとヒビが。
ハンガーがサヨウナラ。

補助のネジで何とか保持されてるけれども、本番の負荷には耐えられないだろう。
シングルにしちゃうことにしました。

しかしそんなこと、しかも現場でしたことがありません。
あと20分。

楕円だしなあ。
さっき走っていて具合が良さそうだった段らへんに見当を付けて、勘で切ってしまいます。
どうしても微調整出来ない分、タブーな調整も試します。

半分成功半分失敗。
最後までチェーンは外れなかった。
クソ重い。
ホイールがちょっと外れる。

危ないノウハウと、またビリっけつをやってしまいました。

ハンガーをちゃんと持っておきなさいと散々言われましたが、その通りです。

うっかり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なお、今回は大会運営に参加し勉強の機会をいただきました。
京都車連を始め、関係者各位に感謝申し上げます。

ありがとうございます。

高知工科大チームもバリバリ勉強していたようです。
またよろしくお願いします!

さぬきシクロ!写真大盛り

今年は最高の天気。
風は静かで日向はポカポカです。
空気はひんやり。

四国のシクロクロスを代表する今大会はやはり盛況です。
東日本からもエントリーがありました。

大事なのはうどんと最初の階段です。

C3からスタート。名物階段登り。

C3からスタート。名物階段登り。

さて、高知もシクロクロッサーありです。
C4の上位を狙います。

独走するトップを追う3名がパックを形成。
つまり3人が抜きつ抜かれつ。
後ろから追い上げてきた4番手の人がなかなか強い。

高知クロッサーは思い切って階段でのアタックを試むも、カウンターを喰らって表彰台ならず!惜しかった~…。

C4スタート前。

C4スタート前。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

C4、アツい2-3-4位パック!

C4、アツい2-3-4位パック!

C4ゴール後。

C4ゴール後。

段々と高知組の順位が上がってきています。

マスターズクラスも熱く面白いレース展開。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

C2での上位を目指します。
前回桂川ビリっけつのリベンジをしたいのです。

おっと、今年は最後まで階段をガシガシと登れます。
ウォーミングアップかペダリングか。

まさかの後半でペースアップまで。

最後はスリップダウンで後退ながらも悪くないレースでした。

ごちそうさまでした!

ちゃんと立ち漕ぎ

ちゃんと立ち漕ぎ

関西シクロクロスの最終戦!桂川。

京都南インターすぐの好アクセスです。
今回も泥んこでした。

参加者は賑やかに800人超。
応援も凄いし、カレーや洗車に大行列でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本場の関西クロスが自分を測るのに一番良いように思います。
昨年は69%ぐらい。

新しい取り組みを試しました。
ペダリングを変えて、インナーを楕円にしてみました。
ついでにウォーミングアップを強めのインターバル、試走は入念に。

そして、スタートダッシュで脚がツリそうです。
シケインを越えようとする踏ん張りが効きません。
泥んこで下車すると走れない…。

ほとんど歩くようなスピードです。

ペダリングを変えて前側の筋肉を使えるはずが、逆の裏側が終わっています。
予想外でしたが、違いがはっきり出たようです。
いい部分もあったのでこのまま試していこう。
楕円の影響もありそうです。

ところで、結果はとうとう100%をとってしまいました。
練習不足が一番の原因かも。
また来年。
そもそも残留出来るかな?

瀬戸内CX、内子ステージ

梼原町から鬼北町に降る国道の気温表示は2℃!
会場は霧に包まれていました。

着替えは薄いものしかないゾ。
きっと晴れるとは思ったのですが、初めての土地では不安なものです。

早速動き回ることにして、試走に出ます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

河川敷の公園をうまく利用したコースは走るだけでも楽しい感触です。

ドローンが空を舞い、GIANTやSRAMといったメーカーブースに地元の飲食テント。
愛媛のサイクリング番組のアナウンサーの方も参加していてとても華やかな雰囲気でした。

厳しい息子とお母さん。

厳しい息子とお母さん。

女性とジュニアのクラスで競技スタートです。
愛媛の若者はとてもレベルが高く、C1やエリートと同じようなスピードでレースが進行します。

自分の参加するC1での周回予想を立てます。
しかし参考にならないぐらい速いぞ。

初めてのシクロクロスに挑戦する女性の方もいて、でも楽しそうに走っていたのが印象的でした。

C3スタート前

C3スタート前

盛り上がる瀬戸内シクロクロスシリーズのC3クラススタートは沢山の選手で溢れています。
コースは十分広く、レースの醍醐味が展開されそうです。

ストレートと河川敷の公園の四角い高速コース。
あっという間に周回してくるので、見る方もやはり楽しめます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

GIANT今治店長!抜こうとするNRのKTYさん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

KCTC、C3表彰台GET!

C2はNR、KRYさん。C1は自分が挑戦です。
ペースを刻んだものの無事に周回遅れでゴール。
割愛。

そして盛り上がったのが最後の耐久シクロ90分でした。

皆、無い脚に知略を尽くします。
段々と交代のノウハウが積み重なります。
よそさまを見て盗んだり。
臨機応変がたまらない。
怪しいサンタもいましたが。

高知組はNR-MTB部とNR-シクロ部に分かれ参戦。
KTY、KRY、自分です。

序盤の身内同士での駆け引き。
気になるチームをマーク。
サンタと戯れて。

いつの間にか1、2位を争っているとのアナウンスが。
俄然楽しいレースとなりました。

残念ながら某チームは打倒出来ませんでした。
しかしチーム戦は面白い。

結局いい天気の内子のシクロクロスでした。