MTBマラソン。とにかく林道ツーリング。

6名パーティー。
MTB初体験者も参加してくれました。

今回のフィールドは石鎚山エリアの高知側、いの町旧本川村の大森ダムです。

四国のダートの定番だそうです。
50kmを5時間の見込み。

スタートして早速に舗装が無くなり、ダートが始まります。
美しい大森川渓谷沿いを緩やかに登っていきます。

紅葉が始まっていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

右回りでダム横を登るルートへ。
こちら勾配が少しきつめ、じっくりと登ります。

展望が開けたあとは、ダウンヒルです。
道幅が広く、路面は締まっていて快適に楽しむことができます。

ダム湖沿いの平たん路をクルーズして、奥の分岐点に到着したのがちょうど12:00頃。
行き止まりと分かってはいますが、手箱山の南側の谷を詰めてみます。

お昼ごはんに良さそうな河原に降りることが出来ました。
遠回りも良いものです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ランチに最高の場所、発見!

ランチに最高の場所、発見!

ダム湖の北岸は登りルートのみです。
いつの間にか湖面ははるか下で、この先にはさらにいっそう快適なダウンヒルがありました。

アプローチ+1周で54km。
そのほぼ全てが未舗装です。
勾配は緩め。

ぜひマウンテンバイキング初心者の方も、久しぶりに引っ張り出す方も走ってみませんか。

この時期ならアブもいなくなっています…!
次回は雪上MTBも楽しそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

広告

石鎚スキー場で、マウンテンバイキング。

世界的らしいマウンテンバイクブームの中で、四国にもゲレンデあり。
高知市街より2時間掛かりません

MTB券は3000円にロープウェイ往復とリフト込みです。
通常の登山利用が約2000なので、とっても割安感があります。

地元の有志によりコーステープが張られ、整備されています。
ゲレンデ上に工夫された中には強烈なドロップオフもありました。
もちろん迂回あり。

フラットなターンはコーナーリングの姿勢がとっても大事です。
誤魔化すことは難しい。

ゲレンデとはそもそもスキーの練習場と言う意味です。
整備された安全な場所でトレーニングして、自然の山に挑むのが昔のやり方だったそうです。

たくさん反復練習出来れば、荒れた山道も楽しく乗りこなせるようになる近道です。

15℃ぐらいの曇り空。
秋は深まっていましたが、リフト山頂駅そばのベンチで食べるお弁当はとっても美味しいのでした。

いっぱいコケましたね。
またやりましょう~。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

噂の? NISHIMUU Style !!

噂の? NISHIMUU Style !!