クロスカントリー CJ1富士見春 チャレンジA

ダウンヒルレースを終えて、クロスカントリーモードに切り替えです。キャンプを作り直して岡山のSさんやポテトの皆さんと合流しました。

一昨日は台風で中止、去年は不参加で3年ぶりの富士見XCOです。最初の登りはリズムのある九折になっていて、駐車場は不使用、なんだかんだでジャンプトレイルも組み込まれていました。

29erでのジャンプトレイルは経験が少ないので、慣熟を繰り返しました。セッティング変更は良いようです。ざっくりステムは80から130に。後はインナーローでとにかく脚を残して、諏訪湖畔の情緒ある宿に移動します。ポテトの宿選びは物凄い嗅覚でこれまた勉強になりました。

チャレンジAは旧エキスパートからマスターズを抜いたメンバーで時間は朝一。今回のウォーミングアップは緩め長めに。キャンプで装備の確認をしてスタートに向かうとちょうどコールが始まるところでした。ダウンヒルで全身パンパンですが、体調は悪くないようです。貴重な1番コールを受けてステージングします。前に2.5列でユースの若者たち。チャレンジBも同時スタートで160人ほどの大レース。

混合スタートは良いのですが、クラスとクラスの境目で隙間が出来て軽い混乱が。

登りに自信がまだない自分ですが、折角の1番コールです。やはり出し切るのが目標です。ダンシングも引き続き課題です。スタート後の登り、前半の林間の登り、後半のリフト下激坂登りの3つをこなして、周回はたったの2周です。

スタートダッシュ後、最初は悪くない位置で登り切ることが出来て、妙に身体は軽いです。降りをリラックスしてこなして、登り返しのコーナーをもたつく前の選手を抜くことが出来ました。

しかし林間に入ると、なんだか身体が重くじっくりと抜かれていく我慢の展開になっちゃいます。根っこ降りやジャンプトレイルで少し抜き返しますが…、リフト下の長い激坂登りに入ると完全にインナーローしか使えない状態に。がんばれー!とここでSさんに抜かれます。止まらないのが精一杯で、足付き1つ。段々とコースサイドの応援に応えられなくなっていきますが残りはたった1周です。

九折の登りは繰り返しのダッシュを頑張れば全然スピードの乗りが違うようです。声では応えられませんが、せめて応援をもらった時だけでもダッシュをかけて、ジャンプトレイルに入る頃にはさっき抜かれたSさんたちが見えています。

不思議なことに2回目のリフト下では踏めます。ポジションに気を付けながら、回しつつ踏み込みを意識し続けます。しかし追い付ききれず。後ろの選手を意識してスプリントはしっかりかけてゴールです。

マスターズは3周回、エリートは6周回です。今年は順位も悪くないですし、ランキングでは相当いい順位ですが、このまま漫然と昇格したら痛い目に合いそうです。目標のエリートレースの為にここから1年頑張れるでしょうか。

ポテトの皆さんの走りはワークスに負けず劣らず、四国の若手も頑張っていました。もう少し自転車大会を一般受けする興業として成功させるべきという意見も気になりながら、前半のMTBレースを無事に終えました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中