LEBEN

どうやら雨は定番ネタです。段々と晴れていきますが、路面はサラサラめのマッド。MTB日和です。

前回で学んだことはタイヤは大事ということ。今回は度胸の様です。

段々畑状の斜面に設定されたコースは急なのに、走ってみると前のめりの面白さ。インパクトは一発目の岩越えに集中します。エリートライダーは一番段差が深く、しかし出口はスムーズ、に見えなくもないところへ突っ込みます。

真似してみたらいきなり前転しそうなところでしたが、DHバイクは懐深いから大丈夫とのこと。自転車を信じて挑戦すると少しずつ馴染んできます。スノーボードで踏みつけるような。今のところXCバイクでの感覚とは切り替えて、将来的に繋げていけたらクロスカントリーの降りも速くなれるのかもしれません。

ベテラン勢がマッドを楽しんでコントロールしているのが印象的です。転倒次の一本をまとめ直すのも渋いですね。

次こそはコケずにまとめていきたいと思います。はい、3本とも転倒でした。

image

image

広告

菖蒲谷の新しいCJ2クロスカントリー

スポーツ、エキスパート、エリートから、
チャレンジB、ユース、チャレンジA、ジュニア、マスターズ、U23、エリート。

となりました。いわゆるオヤジ狩りが無くなる。マスターズクラスは今までのJシリーズを凝縮。シクロクロスからの参加でスタートクラスでありながらチャレンジBは激戦の気配です。

対してAクラスは人数も少なく、ちょっと気楽でしたがとにもかくにも身体が重かった。今までに無く坂が登れずほぼ押し上げ。ペダルを踏まねばパワーメーターの意味がありません。なのでTSSがまさかの9。NP170。朝の散歩じゃろうか。

コーナーやキャンバーは今までになくコントロール出来た手応えがありました。まだまだ失敗は多いですがこちらは嬉しい成長です。この菖蒲谷を思うように走れたら何処でも通用しそうです。

さて、マスターズクラスはとある将軍がエキスパートで活躍していた面々を、エリートクラスでは門田選手がU23もしっかり抑えて優勝。登りも降りもブレが無いような感じに見えます。お二方とも流石の安定感+年齢は高い+すごくやんちゃ。こんなスタイルもあります。

では体調不良を解決して、次の朽木こそはしっかり登り倒したいと思います!

image

image

image