横浪カップ。高知の冬の良い一日。

自分は遅刻で公式には不参加です。
ともかく、こそこそと2本目に混ざりました。

とりあえず顔を洗って着替えて玄関を出て、スカイラインを走ってタイムをとり、急ぎます。視界が最高に気持ちいいのが横浪です。今日は風も余り無い。

運営陣は慌ただしいところでした。選手の方々は出走間近。1本目の結果を見せてもらい、適当な見当で出ることにしました。前方にチーム”D”のジャージ、そばには高校生が走っています。若者の元気に負けないように(引いてもらいつつ)登り降りをこなしていきます。 路面状況はところどころ荒く、気圧は少し低めが良いのかも。2本目では短い登りが何か所かあり、1本目よりもペース配分ギア選択の幅が広いような感じがします。これもまた面白いところ。

後ろから追い付かれずに走り切れましたのでひとまず良しとして、少し強くなった風の中を帰ります。自己申告スタートで楽をしたのかもしれないのは置いておいて、目覚ましをしっかりかけようと思った冬の平和な一日でした。

遅れてすみません…。

IMG_1188

広告

寒すぎた。ホッキーカップ。第0回。

急場で開催にこぎつけたものの場所は12月の山の上。吹き上がってくる北風は身体もホイールも震えるほどの厳しさでした。

各地で大会やイベントが新しくどんどんと増えていますね。高知でもヒルクライムやバンク、ロングライドなど楽しくなっています。今回は甫喜ケ峰森林公園の協力を得てレースを開催出来ることとなりました。ここではすでに数年前より自転車競技部の高校生たちによる競技大会の実績があります。またここではロードのみならずシクロやMTBも良いイベントが開催できそうです。出来るならば2-3月にシクロをやりたいなあ..。

大人の趣味としてのレースもいいんじゃないでしょうか。

さて肝心のレースですが、想定以上に登り区間の負荷が高く、コーナーリングもてきめんに差がつく展開でした。前半から独走していた選手に2番手が追いつき、スプリントまで争うという熱いゴールとなりました。それぞれも各自のペースで時間切れまで走る流れに。降りで休むと置いていかれるハイペース。

次回はクラス分け及び複数レースなどの工夫を考えていきます。また、選手のみならず運営スタッフも募りたいと思います。ご興味ある方は是非遊びに来てみてくださいね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

暖かった、2013仁淀川サイクルマラソン。

今年は各方面から、事前練習での良いタイムが聞こえてきました。盛り上がっています。1時間を切るのが当たり前の雰囲気です。

とはいえ自分は朝練に取り組む割りにはスピードが伸びず、悩む日々。とりあえず一週間前からTTバーをつけて走り始めました。チェーンが伸び伸びだったので前日に交換しました。

機材って大事だなと思った一日でした。想定よりも巡航の速度が出て、なんとか1時間切りです。それ以上の方がたくさんいたので、負けて悔しい反面これからの更なる盛り上がりが楽しみに感じました。

トレインを組んで帰りました。とっても元気に走ったのですが、つまり出し切れてなかったんだなあとしみじみしました。単独で走り続ける時のペース配分は意外と難しいものです。普段の練習で1時間集中して走り続けるように気を付けることがこれからの方法となりそうです。

IMG_1119

IMG_1120