2012年4月中ほど。兵庫県たつの市。J2菖蒲谷。

今回もやらかしました。
マウンテンバイクの大会で兵庫に来るのは初めてです。
着いて早速ダウンヒルのコースウォークにとりかかります。
聞くと見るとで大違いとは言いますが、ユーチューブで見たのより斜度がキツいです。
で、よくよく聞くとクロスカントリーコースとしてもJ1よりキツイという評判です。
おっと。
確かに、クロスカントリーコースを歩いてみると、ダウンヒル風のドロップがあります。ラインが狭いトラバースや、逆バンクのコーナーがたくさん。ブレーキやハンドルの加減を間違うとサヨウナラ。
Cycling Shop ヤマネ のブログ
ダウンヒルではこのドロップが一番簡単なぐらいでした…。予選2本とも転倒し、さっぱりの敗退です。
Cycling Shop ヤマネ のブログ
二日目のクロスカントリーは、アウターを使う暇がありません。丁寧な操作を心掛けて進みます。下りはそこそこ。ほぼ完メイクできてホッと一満足。登りでは斜度のキツさに負けて、足を着くことがありました。コーナーの根っこにもやられます。
ゴールで一度抜かれた選手に追いつき、スプリントを挑みましたが、遭えなく転倒。またなかなかしわいです。
後学にエキスパート、エリートの見学、応援です。
Cycling Shop ヤマネ のブログ
Cycling Shop ヤマネ のブログ
Cycling Shop ヤマネ のブログ
応援の立場なら気楽なものです。森の中でのんびりとカメラを構えます。上位の選手は多少滑ってもバランスを失わず登っていました。特に一部の選手は腰をほとんど浮かさずに根っこを越えていきます。他の人が言っていましたが、路面を舐めるようにというより、触れるように走っていきます。ペダリングは止まらない。
今年の目標にしようと思いまし…たけど、またビール飲んで今忘れそうになっています。
菖蒲谷は毎回コースが変わるそうです。コースは公園を隅々まで張り巡らされます。龍野マウンテンバイク協会の面々が手入れを繰り返し、今に至るとのこと。正直に思うと、初級者をいきなり連れてくるのは気が引けるコースです。自転車にハマり、乗りこなすことに価値を見出した人には最高です。思う存分に挑戦できます。
すごいテクニカルですが、マシンより乗り手の差がでやすい所と感じました。兵庫エリアでのシリーズ戦もやられとるそうです。高知のMTB乗りを巻き込みたいと思います。有志の方、ぜひ行きましょう。
以上がやられまくりつつも楽しんでしまった若輩者の戯言でした。

広告

2012年4月初旬。続・八幡浜ミーティング。

須崎から葉山を登ります。肱川沿いは白い桜。ノンアルコールビールを買い込み準備は万端。たけざきででっかい卵焼きもばっちりです。高知市内からは3時間ほど。まあまあの時間が掛かりますが、道は走りやすく快調です。
自分にとっては2回目。初挑戦、初レースとなる人もいて、賑やかかつドキドキです。試走どころか朝の買い出しからアクシデント発生。楽しい一日となりそうです。
$Cycling Shop ヤマネ のブログ-桜坂
常設専用コースとして出来上がっているだけあって、八幡浜のコースは初心者でもとりあえず走れます。でも速く走ろうとするとやはり難しいところが出てきます。技術や体力の差がきちんと表れる良いコースですね。ロックセクションはあまりありません。降りながらのフラットコーナー、曲がりながらの急坂がところどころ。今回使用しなかった奥のエリアでは、木の根っこが連続する“難しいところや、ギリギリの急坂プラス岩と根っこ、などもあります。さて、この辺はいままでどおり。
今回はこれを各自がどう楽しむか、走れなったところがイケるか、初めてだけどレースは面白いのかなあ、などそれぞれの手応えがまた楽しみです。人が多いと楽しいなあ。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-初級スタート
レースは恙無く進行していきます。チェ-ントラブルや転倒やらありましたが、順位を上げ下げしながらゴールに向かいます。他の参加者も四国の人ばかりなので、なにやら見たことある人もたくさんです。雰囲気が和やかでいいですね。シクロクロスで参加している人も居ました。シクロでバンク、担ぎでそんなのアリ!?でも速い!
ホームの愛媛勢、特に運営のウエノサイクルさん、チームINFINITYの皆さんはテンション高く大会を盛り上げていきます。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-プッシュバイク!
子ども達のカテゴリーが充実しています。ペダルの無い自転車でのちびっ子競争は大盛り上がりです。なんせ速い!世間ではブレーキが無いためまた規制の対象となりそうな気配ですが、相変わらずナンセンスなことです。地元の子ども達が遊ぶ場所がどんどんなくなっていること、小さな遊具に何百万円も掛けていることの方が問題だと、悶々と考えてしまいます。子どもを子ども扱いしてはいけんと思うのです。となるともちろん車道を走れないから、歩道がうんぬん…。移動できないと面白くないし…。なかなか良いアイデアは浮かびませんなあ。
最後は上級者クラス。自分の挑戦する番です。自転車は新調したし、どこまでイケるかなあ??
しかし残念ながら、会話も楽しみながら高速で走る先頭集団の後ろについていけたのは最初だけでした。だんだんとペースが遅れ、焦りからも転倒を繰り返し登りも降りも離されていきます。
左右の膝と、お尻の右と左、両肘が擦りむける頃には、シフターもひん曲がってました…。トップギアでは登れへん。XTRにはまだ早かったかしら…。
急遽29erに乗り換え走ります。皆さんの応援のおかげをもってして何とか完走できました。
さんざんながらも最後まで楽しく走れる雰囲気でした。最高ですね。
残った課題は、苦心してセッティングだしたはずのNEWバイクより試乗車の29erのが走りやすかったという難問。と、差し入れの芋けんぴでの抽選に大盛り上がりしてくれたこと。なんでやろし??次はタタキを持っていかないかんぐらいです。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-抽選会
ありがとうございました。