2012年3月広島、西日本チャレンジ。

暗いうちに出発して、森林公園に着いたのは8時前。雨が降っていました。
試走に間に合わず、ウォームアップに大慌て。朝二の登録・マスタークラスは
凍えるスタートとなりました。
Cycling Shop ヤマネ のブログ
応援する側からは、淡々とした走りに見えてしまいます。ゴール前の登り。だんだんと先輩方から見えてくるきつさに、ビビリはじめる若者たち。コースの奥には、名物の三段坂があります。
去年体験した自分は大丈夫大丈夫と言いながら、アオります。(去年よりは登れるはず…!と思いながら。)
Cycling Shop ヤマネ のブログ
その後、エリートクラスが続きます。観にいった三段坂では各選手が矢の様に登っていきます。トップ選手を応援すると、あれ?自分達もイケなくもないのかな??と錯覚する効果がありますなあ。
Cycling Shop ヤマネ のブログ
ゴール前のコーナーはヘアピン気味で登りです。選手達は回しながらターンしていきます。カッコイイ走りを目に焼き付けて、若者チームは午後の一般の部の準備に入ったのでした。
この広島のコースはアジア大会時に作られた、自転車ロードレースにもってこいの走りやすさです。舗装は数年前に綺麗に直されています。しかし、休む場所がありません。登りはもちろん降りも回しっぱなしです。今日は転倒が続いているようです。集中力も切らせられません。
スタートは恒例の最後尾です。隣には、ロードレース2回目の挑戦者。周りの選手がアウターにギアをかけるのをよそにのんびりと構えておりました。直後から猛然と始まる加速。レースが始まる瞬間は独特の高揚があります。怪我をしないように抑えつつ、最初の降りではなんとか追い抜きをかけることができました。三段坂の前では集団の後方に位置することに。中切れせんで来れたし、さて登るぞ!
…気付いた頃には、先頭ははるか彼方。そこからは後ろも誰もいない時間が丸一周。去年は一段目、今年は三段目の途中まで付いていけたけども…、この一年の成長は坂一段分ぐらいだったようです。
うーん、無念!
高知の他チーム勢では、ジュニアで東工業高校生が入賞の走りをみせ、一般3周では集団ゴールを制して、なんと2位!の人がおったようです。自分の千切れた彼方ではそんなことがあったんやなあ。帰りの車内では悔しさ半分でトレーニングについて盛り上がります。
最近高知の若手ロード乗りのモチベーションが高く、どんどん伸びているようですね。負けずに練習せねばなりません。今度は6月の壱岐です。ともかくシーズンは始まりました。楽しくやりたいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中