西日本チャレンジをちょっと振り返る。

 広島空港まで3時間ほど。山陽道ではたくさんの自衛隊の災害支援車輌とすれ違います。天候は暖か。考えごとをしていたらICを一つ通りすぎ、到着したのは登録選手クラスがしのぎを削る12時でした。

$Cycling Shop ヤマネ のブログ-スタート近く

 アジア大会のときに出来たコースだそうです。広島空港がのっかる台地をひと回りに。舗装しなおされた今年のこの公園コースは走りやすく、うわさの激坂は超キツく。
 第2集団ぐらいで回れたらいいなあ~なんて考えていましたが、甘かった…。

Cycling Shop ヤマネ のブログ-スタート遠景

 しかし腕の覚えにある、足に粘りのある人なら、間違いなく楽しいコースとレースだと感じました。それだけに悔しさがー…。
 DNSが多かったようです。
 高知からほかに参加するはずだった人もみな来れなくなり、一人だけでの遠征でした。自転車関係でも震災の影響で中止するイベントが出てきました。このコースでは秋にも予定されています。その頃には支障なく開催できる状況になることを願い、走り続けようと思います。

Cycling Shop ヤマネ のブログ-高知の天空より

 あと、トラックでぐいぐい登った高知の山の上でのダウンヒルレースも参加してきました。
参加費を募金に当てる、という特別な変更がひとつ。いつも通りに普通に開催です。
 主催のスワンキーズさんも悩まれたそうです。
 でも自転車乗りが集まるイベントを続けていくことも大事なんだろうなあ、とまた思いました。地方の大会は参加者も巻き込んで運営するような小さな規模かもしれませんが、人間関係も良いとまた自転車が楽しいものです。草レースだろうと貴重な機会!でも組織だっていないだけに中止は簡単、復活は大変。そんな気がしました。
 …工石山ヒルクライムも復活開催したいのですが、行政とも話をしなければいけないとのこと。合併の影響は少なからずあるようです。村じゃなくて市だもんなあ。
 高知は自転車で走りつくそうと思い、ロードレーサーとマウンテンバイクを用意すれば、一生楽しめるところなのかもしれません。最近の夜は地形図を凝視しています。でも舗装されているのか地道なのか、草刈機がいるのか、チェーンソウがいるのか、はたまた重機か。自分で行くだけならやぶこぎだってしますが、人を連れて行くようなイベントとなると問題があります。
 山林が放置されるのが最近取りざたされます。また観光立県という言葉もあります。でもいちばんいいのは地元の住民が地域で楽しく遊ぶことだと思います。高知の人が高知の海や山でいつも楽しそうにしているぞ?!となったら勝手に観光客はやってくるのではないかなあ、と思います。
 血液が循環して、身体の細胞が半年で入れ替わるように、地域の隅々まで人が行き来することが、高知を元気にするんじゃないだろうか。予算も少なめ!!
 …とか言ってたら行政も乗り気に…、ならないかな…。これは妄想なんだろうなあ。
 さて、いきこんで乗り込んだ広島ではグダグダのレース展開、ダウンヒルでは同じところで2度こける!こんなようではこのシーズン面白いところにいけるのか心配な成績でしたが、西日本で元気に活動したいと思います。けっぱれ!東日本。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中