第30回?横浪カップ

いつのまにやら、年の瀬ですね。
あっという間に時間が過ぎるのは、師走だからか、忙しいからか、(年を取ったからか…)わかりませんが。
毎年の最後の日曜日は横浪カップと決めているのだそうです。
すでに第何回目か分からなくなっている今年は26日の開催でした。
天気予報は小雨でしたが、当日は肌寒い中のうす曇。少し太陽の除く横浪の竜に集まったのは27名でした。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-出走順を確認中。
当日の集まったメンバーの予想されるタイムにあわせて、出走順を決定します。
スタートリストは手書きにて。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-スタート前集合。
集まった走り手はさまざまな実力です。
ロードに乗り始めたばかりであったり、高校生の部活、仲間同士での腕試しにも。
いろいろなモチベーションが存在します。
一本目はタイムトライアル。文字通りの実力勝負。
二本目はそのタイムを逆算してのハンディキャップレースです。
結果が良いほど二本目は遅いスタートになるのです。
もちろん、本番は一本目。集中します。
あくまで二本目は、さらなるお遊びと言いつつも、せっかくなのでがんばります。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-登り!
決してゆるくない勾配。上り下りが繰り返す横浪。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-中盤戦。
30秒差のスタート。前が見えると自然と速度が出やすくなる?
Cycling Shop ヤマネ のブログ-折り返し。
団子で登る二本目。
孤独な一本目と違い、タイム差で出る二本目ではみんなが多少連なって走ることになります。
少しレース感覚です。
ペースメーカーにしたり、少しでも有利なところでは仕掛ける!
そして、元気な若手は二本目も元気!遅い出走順であっても、ぐいぐいと前に追いついていきます。
…、自分は一本目にまだお酒が残っていたのでぼちぼちのタイムでした。
妙に元気になった二本目、早めのスタートから、追いついてきた高校生(や中学生)に張り合っていたら、結構いい順位をゲットしてしまいました。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-二本目ゴール。
一本目サボると、二本目で有利なんですねえ。
なるほど、ちなみに景品は二本目では一着にしか用意していません。
ダメですよ~あくまで一本目をしっかりがんばりましょう。
来年こそは、と思いながらの年越しとなりました。
高校生の子達はもちろん切磋琢磨し合っているし、競技者の大会でも大人顔負けの速さの選手も多いです。彼らが出走すると、高知の草大会も平均タイムが良くなるようです。同時に大人にとって、彼らに負けるものかと走ることが、遠征先での大会で良い結果を出すことにつながるかもしれません。お互いがうまく刺激しあって、来年の自転車生活がさらに楽しくなることを期待します。
さて、結果が出来ましたので、店頭にて配布しています。
2、3、4日は完全に休業しています。
それ以外の日では、閉まっていても、店に人がいればお渡しできます。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-展望のよい道程。
酔いお年を。

第41回?仁淀川サイクルマラソン。

ほとんど風はなく、すこしぽかぽかと日差しを感じる良い日曜日でした。絶好の記録会日和です。
42名の老若男女、DNF無し、役員は8名にて。
途中の道路工事区間は停止時間を計測し、時差スタートすることになりました。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-朝のキャンプ場。
意外とテントの多い12月のキャンプ場に。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-スタートその一。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-スタートその二。
1分ごとにスタートしていきます。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-スタートその三。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-スタートその四。
約32km弱の工程で仁淀川をさかのぼっていきます。後半は少しずつ上りに。各々に合ったペース配分が問われます。今までの最高記録はT口さんの52分台です。
自分は平均30km/hとして1時間を切れるかを考えてみました。道路工事で追いついた前走者のA芸さんを捉えるも、追い抜けず。タイムトライアルにあるまじきペースメーカーにしてしまったんではなかろうか。結果、63分台。少しずつ、ロードに戻ってきていますがまだまだですね。しかし調子にのってこの後あんなことがあろうとは。さて、みなさんの目標と結果は…?。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-走行中その一。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-走行中その二。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-走行中その三。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-走行中その四。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-走行中その五。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-走行中その6。親子にて。
R太郎くん、がんばる!また来年のレースが楽しみです。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-ゴールその一。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-ゴールその二。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-解散の昼。
ゴール地点より、道の駅に移動して、結果発表です。ロードレーサーで走るには短い距離なのかもしれませんが、誰もが自分の記録と向き合うのにちょうど良いかもしれませんね。
帰りもしっかり走って、夜の部へと続きます。なかなかこれも長い記録となったのでした。
$Cycling Shop ヤマネ のブログ-上位の面々。
おつかれさまでした!
まだリザルトの紙をもらってない方は、CSヤマネまでどうぞ!

第4回さぬきシクロクロス。善通寺大会。

またまた、香川県自転車競技連盟の皆さまにお世話になりました。
善通寺市鉢伏ふれあい公園にて、別名をうどんクロスこと、さぬきシクロクロスに参加してきました。
今回は6人ほどの小チームとして。しっかりうどんを平らげます。

$Cycling Shop ヤマネ のブログ-会場入り、秋の朝の空。

11月最後の日曜日の28日は心配していた雨は降りませんでした。少し肌寒い風が吹く運動日和。

Cycling Shop ヤマネ のブログ-キッズも準備に余念がナイ?
しっかり着込んで一日を楽しむ準備をします。

もともとの公園の地形を活かした面白いコースです。

Cycling Shop ヤマネ のブログ-公園に張り巡らされたコーステープ。
見事なアップダウンとコーナーの連続する妙コースになっている!
Cycling Shop ヤマネ のブログ-階段もコースの内!
わざと自転車を降りざるをえないように、主催者の工夫が散りばめられています。

最初のスタートはシニアと女性の初級クラスです。シクロクラスでは制限時間と、一周目のタイムから周回数が決められます。走ってみるまで、何周を走るか分からないのです。

Cycling Shop ヤマネ のブログ-シニア、女性初級スタート。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-最後尾から余裕の?のスタート
走り出すまでどうなるか分からない展開を思うと緊張しますね。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-シニア、女子初級スタート!
うどん屋さんの開店準備を横にスタートダッシュ。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-スタート直後はもつれます。
狭いダートの登りはほぼ渋滞するので、最初になるべく前に行こうと皆がんばります。詰まって止まってしまったら担ぎます!(押しても可)
Cycling Shop ヤマネ のブログ-前半の階段の登り。
名物の階段登りは、その左端を乗ったまま漕ぎあがることもできます。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-コースとピクニック。
和やかな雰囲気。大会は終始リラックス。走ってる人は真面目な顔で。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-中間の“シケイン”。
シクロと言えば、“シケイン”です。低ければ乗ったまま飛び越す方もいるそうです。この高さをバニーホップできたらシマノ監督クラス?!

最初はなんで真っ直ぐなコース図にシケインと書いてあるのかなあ、と不思議に思っていました。実際に挑戦してみると、速く通過するためのコツがたくさんあることに気付きます。うまい選手は自転車に乗ったままのような速さで抜けていきます。ペダルもすぐキャッチ。どうやっているのかなあ??
少しはこけることもあります。二人はしかし無事に走り抜けます。

$Cycling Shop ヤマネ のブログ-お母さんゴールだよ?!

ゴールを迎えて、男性初級に出る残り二人の時間まで、のんびりと過ごします。

Cycling Shop ヤマネ のブログ-キッズの部の表彰式。教室のよう。
間のキッズクラスの表彰式はまるで野外教室のように皆で。賞品をもらった子達はご機嫌です。親御さんも?
Cycling Shop ヤマネ のブログ-うどんの部、スタート。
楽しみなうどんの部です。消化の良いうどんは大会の名物として、食べ易い。しかも本物なのでサイコーです。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-本物のさぬきうどん!
いろいろのっけて楽しいこと。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-C1、上級クラストップの走り。
参考にと観戦した男子のC1クラス。トップの辻浦選手はアジア大会の直後じゃなかったかしら??
しかし登りをアウターのままで、ぐいぐいと漕ぎあがります。素晴らしい。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-男性初級のスタート。
そしていよいよ自分達の番です。

最初にいいポジションを取るつもりで臨みます。ドラマがあるか?!と真ん中のスタート位置から前のめりです。さてさて。

Cycling Shop ヤマネ のブログ-最初が肝心の登り。
高知CTCがんばります。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-舗装路からダートへ、のコーナー。
Cycling Shop ヤマネ のブログ-そしてダートへ。

男性初級のC3クラスは40分の競技時間で7周回したようです。トップの選手は一周ごとに30秒差の彼方に。先は長いなあ~。

Cycling Shop ヤマネ のブログ-漕いだり担いだり。
状況に応じて、漕ぐだけでなく、担いで走ったり、
Cycling Shop ヤマネ のブログ-押したり。
押したりして、ゴール目指してあの手この手。

そしていつかはゴールなのです。その時にしっかり使いきれましたので、順位そのものよりも楽しい一日となりました。
トップじゃなくてもスプリントして競り合ってゴールするのはなかなか面白いのです。なんでこんなにがんばれるんだろうか不思議です。普段の仕事をがんばったらいいのに。
もやもやとしたした霧の中、想像のそとにシクロの世界はありましたが、やはり同じ自転車として共通の醍醐味を持ち、また独特の駆け引きがあることが分かりました。ひとまず舗装路でのトップスピードに目をつぶれば、26インチのマウンテンバイクで大丈夫です。
Jなどのクロスカントリー競技に比べると、岩や木の根を越えるような、荒い路面はあまりないようです。その分、マウンテンバイクのダート初級者として参加するメリットも感じます。しかし他のシクロではどうも砂浜や、あらゆる状況を構えているそうです。それらもまた挑戦してきたいと思います。
関西シクロにいくと、シケインの声援などもオモロイそうです。楽しみな事が増えた良い機会でした。
終わってからまたうどんをいただいて帰ったのでした。アジフライと蓮根のっけての大盛です。ごちそう様でした。