2010のJ最終戦、石川県白山瀬女高原。泥んこ。

少しでも、自転車に乗ったり、カヌーを漕いだり、スキーで山に行く時間を作るためにも!一に作業、二に作業、三、四は飲んで、五に二日酔い、の日々を送っています。
初のシーズンを終えました。最後はマッドコンディションを経験することが出来ました。

2010-10-10 J最終戦石川県白山瀬女 DH XC

今回もスワンキーズの皆さんをはじめ、いろいろお世話になりました。ありがとうございます。
一日目の試走は穏やかな晴れた空の中、まずはダウンヒルから。いきなり1本目のゴール前の急斜面で前転したものの。瀬女のダウンヒルの特徴である、ゲレンデのガレ場もビンディングペダルにしたおかげで全くダメではありませんでした。
少しでも皆のスピードに近づけるように!集中した3本は楽しかったのです。
マキシスのタイヤもエッジの綺麗なスキー板に乗ってるような感覚があり。セッティングにはだいぶ納得できてきました。と言ってもリアのストロークは0mmのままではありましたものの。
クロスカントリーも試走します。コーナーは少な目ですが、上り下りのきいた高速コース。もう少し体力あると、すごく楽しそう。八幡浜や富士見では余り感じなかった前転すれすれのスリルのある急な下りがなかなかパンチ効いてます。
上りでは八幡浜の駐車場に戻る手前のような傾斜と高さの坂が中間に一つ。前半のジープトラックの長い上りは、ここをこなす体力がつくと順位が伸ばせそうです。ほかに比べると上りが少ないような印象です。
温泉はスーパー林道の方へ、一里野温泉へ。この露天は良かった。
この晩から雨が降り、二日目はマッドなダウンヒルへと変貌しました。まずはドロでゴーグルの視界が
無くなります。手作りマッドガードの取り付けを教えていただき、ゴーグルにはティアオフと呼ばれるフィルムを張ります。途中で剥がせば視界が戻る。
二本目の試走で少し慣れたかなと思ったのですが、相変わらずゴール前の急斜面でこける。
ゴンドラから時々見える選手たちは、信じられないくらい速い。それ以外はコースへのアプローチが少ないので見えないのです。他のセクションはどうやってクリアしているんだろう。
しかし本番です。ゴーグルは視界良し!気持ちとカラダをリラックスすることに努めます。スタートではとにかく漕ぐと決めました。いよいよ、漕ぎ出して最初のコーナーをなんとか、シングルトラックはぼちぼち、そしてゲレンデを下る!しかし全体の三分の一でぐらいか、後続の選手に抜かれます。30秒差あるのに~。そしてコケました。このあと、焦りながら転げまわり、中間のシングルトラックを抜けるのに相当時間を食いました。途中コケたついでに立ったままティアオフフィルムをはがします。なんか少し意味ないなあ。
結果は今シーズン自己ダントツでした…。サドルも…。
気持ちを切り替えて、クロスカントリーの試走、また同じ温泉へ。上りは特に変わりませんが中間の田園エリアがぬかるみ、スピードが全く出せない状態に。
最後の三日目です。雨は落ち着き、曇り空。コンディションはさらにマッドに。傾斜があるところは余りぬかるまない、雨が降っているほうがドロが流されて走り易い、ことが分かりました。
つまり中間のフラットの区間が一番ねちゃねちゃしていました。なるべくコースの端の土をつかんで走ろうとするも、なかなか。でもマッドタイヤは要らないようです。
あと、どうやらブレーキするとマッドでは簡単に前輪ロックしてこける様だということも。これが意外と集団で走るクロスカントリーには大事なことでした。下りで前の人のスピードに合わせると、余計なブレーキを使うため、“ノリ”がつかめずすっごく難しい。
ほかは相変わらず体力の無さはあったものの、インナーギアを使わずに走りきることができたのは、良かった。結果はもちろんぼちぼち。
今回は知り合った方が一緒に走っていたので、また別の刺激もあり、楽しかったのです。走っていて他の人を見ている余裕は無かったんですが。こういうのも次のモチベーションになりますね。来年の再会を期待して別れます。
1シーズンを通して、マウンテンバイクに取り組んでいる選手や家族、ユーザーやメーカーの雰囲気を見てきました。縮小しているとは言われますが、楽しんでいる方は多く、またレベルも高いのです。スポーツクラスといえど速い。エキスパートはさらにスタミナがあり、エリートは速さとスタミナとが揃っています。一番下位のクラスのスポーツでも、それなりの体力、技術、機材を揃える必要があります。それでこそ挑戦しがいがあるものです。
ロードの分野より若干機材に重きがあるようですが、必要とされる体力は同じくらい、技術としては山やトレイルを走る経験がやはりあったほうがいい。トラクションのかけ方や、急なコーナーリングワークはロードではあまり考えることも無いようなことですが、これが面白い。
海外の話を聞くと、全くレベルが違うように聞こえ焦るのですが、今はこの“楽しい”と思える取り組みを楽しんで、成長して、できたらクラスや順位も来年は上がると良いなあ。と思うのでした。
来年も引き続き参戦したいと思います。
冬に走りこまないといけませんが、雪山にも行きたい…。その前に作業?。
DSK

広告

富士見パノラマ、2010秋のJシリーズ。

高知C.T.C.のみんなや両親はマスターズへと伊勢に向かいました。
自分は高速の深夜割を利用するために夜の内に出発、したはずが、名神のルート分岐にて合流するサプライズがありました。
なんとかたどり着いた長野県、諏訪湖のもう少し先、富士見パノラマは今回も天気に恵まれているようでした。
(今回は写真を“ウェブアルバム”という形で掲載することにしてみました。)

自分の場合ハードテイルで出ているとはいえ、リアのパンクのマネジメント。
ダウンヒルで疲れすぎて、クロスカントリーに疲労を残さないこと。
をテーマにしていましたが、さてさて。相変わらず練習自体が足りていない気はします。
当日の試走中に、2回リアがパンクです。一回は後半のガレ場、直線のハイスピードセクションです。終わりのバンクに入る前に。リム打ちなので今度は気圧を少し上げて。今度は大会コース外のBコースの途中、軽いドロップの着地で突起物を削るように踏んだときです。
コース取りが一番の問題のようです。もしくはフロントの接地が甘いのか。
2本で2回。3本目の本番で無事で何よりでした。
テーマにしながら失敗が続きます。
前回の春の富士見のコースから変更された2ヶ所は意外とすんなりこなせました。ドロップオフに突っ込むときはかなりアドレナリンだったようです。楽しい。ほとんど飛んでいませんでしたが。
ただ前回失敗したところで、また失敗。転倒も一回。
トラブルが続くので、勉強になりますが、分かっちゃいるけど、少しの悔しさも残ります。
一つ一つ潰しているうちに最終戦です。今度はタイヤとペダルを検討してみよう。また三谷にお邪魔します。
上のクラスを観戦して、ダートジャンプという自転車によるエアーの大会も観戦。休みつつ食べつつ、明日のクロスカントリーに備えます。
他の選手の方とも少しお話したのですが、降るだけだから、と思っていたダウンヒルはすっごい疲れます。まるで筋トレをした後です。自分の場合は肩とふくらはぎに。知らずに練習しまくった前回はクロスカントリーの段になって、体の重さが回復しないことに気付きました。多分若さが失われていることにも気付いたようです。
今回は抑えたおかげか疲労はぼちぼち。でも体力が無いのでアップも試走も無しで、本番のスタートを迎えます。やはり練習が一番大事だなあ。
スタートでがんばって何とか渋滞にならないうちのシングルトラックに突入できました。しかしミドルギアで登れたのは1週目だけでした。
ようやく最低限のコンディションにたどり着いたような感じです。これが本来はスポーツクラスなら3周分、エキスパートなら5周分の体力が必要です。
速い選手を見ているとまずインナーを使っていません。ミドルとそのスピードで走り続けられる体力と技術が、何周分あるかがこれからのテーマになりました。例えば、厳しいなと思っていたニューXTRのダブルも使えるようにならないといけません。
もう今年最後の瀬女まで一週間と少しなので、体力的には変わらずで参戦になりそうです。(飲み過ぎないように気をつけます。)疑問を少しでも解消して最終戦に臨んで、冬に走って、そして来年を目指したいと思います。
また美味しい蕎麦を、気持ちよく食べに行きたいものです。
マスターズの方は惜しい!結果あり、いぶし銀の走りだったり、伊勢の食ありで、楽しかったそうです。打ち上げはマスターズ、鈴鹿、土佐センチュリーを兼ねて開催されました。来年はさらに!楽しくなりますように。
順位は秘密です。悪しからず。
DSK