シマノ鈴鹿ロードレース、二日目。

たくさんの食べ物と、たっぷりのビール、すべすべの温泉に浸かり、ぐっすり寝ました。
今日も青空と、強烈な日射。タープの日陰に走る風と、選手が感じる風とはどちらが気持ちよいのか。

Cycling Shop ヤマネ のブログ-二日目テントより一人

集団が通るとき、タープの前に立つと風圧を感じます。
二日目は各自が個人種目に参加しました。7周を駆け抜けるK谷さん…。

Cycling Shop ヤマネ のブログ-二日目テントより集団

パンと集団の速度の一致?

Cycling Shop ヤマネ のブログ-二日目テントより

時には独りでも最後まで。
それぞれのレースでゴールまで、出し切って満足したいものです。順位がついてくればもちろん最高です。
11位や15位などの惜しい!結果も走ったればこそ。また来年ですね。
自分も入賞とは行かなくても、もう少し前でゴールしたいものです。
一日目は最終コーナーに入る前になぜか先頭に出てしまい、一気に足が終了、そのまま集団全員に抜かれてのゴールでした。
二日目は外側からの立ち上がりで遅れましたが、順位を上げながらゴールまで漕ぎ続けられました。昨日踏めなかったのが、今日はフィニッシュラインまで踏める。少し嬉しいなあ。
集団走行でみなが怒鳴りあったり注意したり。主張したりも。「イン、イン!」って叫びながらイン空けさせて抜いてる人がいたのは面白かった。ヘアピンやシケインの手前ではみんなが叫びます。ラインキープ!!しかしまあ、全てのコーナーでどれほど真面目にラインキープしたものか。
そして落車も発生します。
とっちらかりそうになりながらも立て直す選手の周りを集団が、集団のままキレイに避けることもあれば、やはりコケたり。よく見ると、肘やらハンドルやら、結構ぶつかっているものです。アマチュアのクラスながら、これはアツイ!と感じておりました。
最後の最後、ゴール直前のあるタイミングから一気に集団が加速するのが面白い。スプリントの時は誰しもが全力です。こんな時代にみんな正直に必死に力を出すことは貴重なのかしら。
ひととおりレースを消化した最後は10週のシマノ鈴鹿国際ロードレースが始まります。国内トップ選手から海外招待チームも参加する、酷暑の消耗戦です。外人さんでも千切れるんだなあと思ったのはこの後。周回遅れで切られる選手達も、今にも救急車か?!とばかりに今にも倒れそうなほどだったのです。

Cycling Shop ヤマネ のブログ-国際ロード

10週の展開は最初から逃げを打った選手の動きから。刻々と変わります。

Cycling Shop ヤマネ のブログ-国際ロード逃げ

こんな集団に追われたくねーべなー、と思わず考えてしまいます。

Cycling Shop ヤマネ のブログ-国際ロード集団

横で父が、あの選手は遊んどる、と言ってましたが、こういう体力の要る遊び方もなかなか無いでしょうなあ。
ある機会を得て、場所を移動します。

Cycling Shop ヤマネ のブログ-カメラプロ、仕事中

ゴール手前の直線の登り、カメラマンが構えるコースの関係者以外立ち入り禁止エリア。バズーカのようなレンズに自転車由来のステッカーがびっしり。
ここから集団の後を追う車に乗り込み、観戦ツアーに出発です。

Cycling Shop ヤマネ のブログ-追走開始
Cycling Shop ヤマネ のブログ-ホームストレート

登り傾斜の中、パドック側はいっぱいです。

Cycling Shop ヤマネ のブログ-ホームストレート速度

なぜか50km/h出てるなあ…。

Cycling Shop ヤマネ のブログ-西ストレート

下りの西ストレートは70km/hでした。ギア比はどうなってるんだろう??

Cycling Shop ヤマネ のブログ-ヘアピンへの登り

集団はめまぐるしく動き、常にアタックが繰り返されます。

Cycling Shop ヤマネ のブログ-ヘアピン

この集団はヘアピンで最速のラインを走ります。いいなあ。

Cycling Shop ヤマネ のブログ-立体交差
Cycling Shop ヤマネ のブログ-S字の下り

自転車とはいえ、この広いサーキットのコーナーを目まぐるしくクリアしていきます。

Cycling Shop ヤマネ のブログ-第一コーナーを抜ける

こうして追うと、プロのレベルと一般の参加者とではもちろんスピードが違います。そして作法も違ってくるようです。しかしロードレースの醍醐味を味わうのにプロのスピードは要らないのかもしれません。
参加する個人の力量や体力に合ったクラスで楽しむことが正しいようです。シマノ鈴鹿だと、幅広いクラス設定がそれを助けてくれます。
でも国際ロード、目指して辿りつけるものなら目標にしてみたい?!
帰りにシマノのスタッフの方が遊園地の割引パスを振舞ってくれたのですが、なんで帰り際なんだろうなあ。

Cycling Shop ヤマネ のブログ-遊園地を後にして

また来年です。
DSK

広告

シマノ鈴鹿ロードレース、二日目。」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    お久しぶりです。
    僕の実家は鈴鹿サーキットから10分くらいのところです。DSKのチャリ姿見たいな。
    kei

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >keiさん
    うわーお久しぶりです。びっくりしました。
    migomaさんもお元気でしょうか。
    足の日焼けはレーサーパンツ型になりましたが、ペダルもパドルも漕ぎはまだまだな感じです。
    鈴鹿は海からの風が気持ちよく、地元のだよといただいた斜めに袋に入ったアイスキャンディーがとても甘かったです。
    北海道にまたカヤックとスキーと自転車を積んで上陸したいものです。
    DSK

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中