いつのだろ、これ??

現在、主に修理車を担当しています。
擦って洗って磨いて、塗って回して締めて。
作業場にある様々な工具の使い途が分かってくるような。
さて大体の補修部品には代替の物を使っています。規格や方式など、今でも古いものに合うものが作られています。

左は古く、右は新しい。

でも、これはいったい??
楕円にゆがんだチェーンホイールに気付き、しかも歯が無いので交換することにしたのですが。
よく見ると、もともと楕円。冬のシマノのセミナーで、歴史の話の中であったエルゴデザインのものと思い付きました。これかあ~。
シマノ、バイオペースという名前でした。
もちろんもうメーカーでは生産していませんが、店の在庫で交換できました。
しかし、いったいいつ頃のだろうなあ??
自分、生まれてたんだろうか。

広告

再び、八幡浜。

梅雨入りした日曜日、愛媛で開催されたクロスカントリーレース、八幡浜山鳥カップに参加してきました。
タイムトライアルが午前と午後にそれぞれ。
間のお昼に処理場側のコースで3時間エンデューロ。

朝の駐車場

受付時間に到着すると雨。駐車場は川のようになり、泥だらけになるはずの自転車がむしろキレイになりました。

ライダーズミーティング

ライダーズミーティングは野球場のスタンドにて。みんな合羽です。

エンデューロスタート

エンデューロのスタートでは雨が上がりました。後半になると路面も回復。
今回は桜坂は含まれず、登りセクションを散らして、スプリント系の設定だったようです。
元気なうちは気持ちよくスピードが出ます。
しかしその内、運動不足という名の障害が。
午前、昼、午後と種目が進むほど、成績も落ちるのでした…。
なんか参加するたびに成績が悪くなるなあ。自転車は少しずつ良くなっているのに。(今回は10年前のリッチーのペダルからシマノのSPDペダルになりました。)
自転車の泥を落とし、着替えた頃に表彰式とお楽しみ抽選会が始まります。
表彰はだいぶはしょった感じで行なわれました。というよりもその後の抽選の盛り上がりは異様でした。
ジャイアント、ダイナソアから賞品が用意されていました。
自転車はジャイアントのピスト4台が用意され、一台はなんとマーシャルとしてお手伝いしていた八幡浜の職員さんに。

抽選会

一番の目玉のロックショックス、多分REBAでした。ジャンケン大会にて。10万相当!

抽選会

ほかにアディダスのサングラス2点、ユッチンソンからタイヤが3セット。
ジャイアントからの提供はものすごく多く、参加者全員に当たったうえに余り、さらに抽選しなおしたほどでした。
ちなみにタイムトライアル総合優勝すると、

総合優勝の賞品は?!

主催のチーム焼鳥山鳥の皆さんをはじめ、参加する選手も和やかな、JCF公認でありながら、草レースののんびり感も楽しめる良い大会でした。
エンデューロも2回目ですが、楽しくなってきました。一人の寂しさに飽きるまでは、また色々と参加したいものです。