高知に帰ると竜馬が増えていた。

ようやく、お店の横で作業しています。
3月の北海道、予想外の冬に逆戻りから、陸路を高知に帰ってきますと、桜とすれ違うんですね。花より龍馬。この春の高知は昼も夜も賑やかで嬉しく思います。
富良野の近くに借りていた家を片付けて、合間?に山で滑ってきました。
あちらの仲間との再会と、雪とのお別れのようなものでした。

Cycling Shop ヤマネ のブログ

一晩でトラックの荷台が満杯です。

Cycling Shop ヤマネ のブログ

久しぶりの仲間と、雪と青空がそろった貴重な一日でした。

さて、おかげさまでこの連休も、忙しくさせていただいています。
自分はもっぱらお預かりしている修理車のクリーンアップにかかりきりです。
それこそ2、30年前から最近の物まで、規格が変われば工具も変わります。
基本はどうやら同じなのですが、知ること、身につけること、…散らかった作業場から工具を見つけること、覚えることがたくさんあります。
こうしてブログを書くことも、できるようにせないかんがやろな。
ところで、先月に行なわれたJCFマウンテンバイクの八幡浜大会に行ってきました。
クロスカントリー部門の今期第1戦のようです。
トレック、スペシャライズド、ジャイアント、KHS、マビックのテントにもう一つ、新しくインドネシアのポリゴンバイクも並んでいました。
来期からデリバリー開始されるそうです。うーん新しいものに出会ったけれども、評価できる経験がまだ足りない…。写真も撮り忘れてしまいました。乗り心地も作りも素直な印象ではありました。
スペシャライズド、KHS、ポリゴンはいくつか試乗することができました。
マビックは久々にJCFマウンテンバイクのメカニックサポート担当となったそうです。各大会でホイールの試乗もできます。
選手の方達がコースオープンの時に試したり、キッズも合間に交換して踏み出しの軽さを実感していました。隣で親御さんが微妙な感じでしたが。
こういう大会では、お店単位でなかなかできない規模の試乗が可能です。
ご興味ある方はこういう機会をぜひ利用してみてくださいね。

Cycling Shop ヤマネ のブログ

三日目の大会会場、なかなか多くの地元の方も観客として集まってくれていました。

Cycling Shop ヤマネ のブログ

コースの一部、前半の九十九折の下り、狭いトラックの中でも、遠慮なく抜きあいの駆け引きが行なわれます。

天気が良く、路面状況は良好でした。2箇所ほどあるなかなか乾かない急坂に、顕著に技術の差が表れていました。八幡浜名物のゴジラの背中と呼ばれる木の根っこセクションでは、エリートクラスの選手でもライン取りに違いがでます。速い選手ほど、小細工無し、ど真ん中なんではないでしょうか。
実際に競技に参加すると、求められる性能や、ユーザーの傾向、期待した以上の経験を得ることができました。残念ながら八幡浜大会自体は年々参加者が減っているそうです。高知からは二日目の3時間エンデューロに何組か参加されていましたが、三日目のJCFの本戦には、スポーツクラスで自分だけだったような。
うーん。地元の愛媛でないと、徳島と香川も思ったより少なかったんです。自転車業界のぺーぺーながら流石に考えてしまいました。
本州だとどうなんだろう。今月末の長野県、富士見パノラマにも行ってみます。
(ご興味のある方は16日迄にお問い合わせ下さい。)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中