ちょっとおでかけ。

Cycling Shop ヤマネ のブログ
お店とは関係ありませんが、ただいま自分は北海道におります。
おりからの春の嵐は暖かい空気を北の大地に運び込みます。
その直前の寒気は、高知にいた自分にはありがたいパウダーを降らせていました。
お世話になった人たちに挨拶をしながら、滑ってきました。
3月の初滑りでパウダーというのも北海道と高知の地理の違いを、非常に感じます。
Cycling Shop ヤマネ のブログ
屋根に積んできたマウンテンバイクごと、トラックはしっかり雪もつれになったのでした。

春のぽかぽか陽気

Cycling Shop ヤマネ のブログ

 今日は川にでも漕ぎに行きたくなるような、ぬくさです。
 帽子の中が汗ばみます。
 先週迄の片づけで、一応、店内の整理が終わりました。まだまだ処分するものや移動せねばならんものも残っていますが、ひとまずは。

Cycling Shop ヤマネ のブログ

 20年前ぐらいのものがごろごろです。
 ケージペダル用のソールなんて、今の人は知らないんではないでしょうか。
 デュージーの靴、エナメルアッパーにソールが木…。

Cycling Shop ヤマネ のブログ

 デトピエトロの靴、いまやこんな靴もかわいいのかもしれません。

Cycling Shop ヤマネ のブログ

 藤田サドルの靴。当時、自分がまだ生まれる前のころ、レーサーシューズといえば定番だったそうです。ソール素材が木製!かあ。スキーも昔は木で出来ていたらしいなあ、なんてどんだけ昔なんでしょう。

Cycling Shop ヤマネ のブログ

 ともかく、色違いで出していなかったものや、出し忘れも含めて、シューズ売り場がこんなになりました。見やすくなったんではないかと自画自賛です。
 よーく見ると“ジョントマックズチョイス!”と書かれた札の付いたモデルも混ざっています。
 たまには皆さん、遊びに来てみてください。
DSK

3月の大掃除

Cycling Shop ヤマネ のブログ

だいぶ店内の配置変えが進捗してきました。これからは店内に残っていたものを仕分ける作業です。自転車に関する作業の横で、掃除機を鳴らし、雑巾もかけつつ、さてさて。これで商品を探したり商談しやすくなるとよいのですが。まだ店内はごちゃごちゃとしています。
で、いろいろ出てきました。これは出せないなあという秘蔵のものもありました。ちょっと使えそうなのがSRAMのトリガーシフターだったり。

Cycling Shop ヤマネ のブログ

BMX用ももちろん古いものですが一通り揃っていました。BB回りから、ジャイロもありました。組んでみようかなとも思ってしまいました。
ペグやペダル、タイヤは使えるものがたくさんあります。もし、使える方がいたら特価で出すことも検討しています。

Cycling Shop ヤマネ のブログ

靴は一番下の棚に古いのがごっちゃりとまた。いやーどうしたもんかな。一休みしてまた考えます。
ではでは。
DSK

シマノテクニカルセミナー

3月3日は、お店を閉めさせていただいていました。
初めて高知で行われるシマノテクニカルセミナーに研修に行っていたのです。

$Cycling Shop ヤマネ のブログ

出席者は80名ほど、さすがシマノの研修会ともなればたくさんの人が。
3分の1ほどは県外からもいらしていたそうです。
高知の自転車店の方たちが一同に介すのもなかなか無い機会なのでしょうね。
貴重な事だったのかもしれません。
セミナーは、マウンテンバイク中級、ロード中級、スポーツバイク基礎編の3つを午前午後合わせて6時間の内容でした。
6時間一人でしゃべりぱなしのK川さん、お疲れ様でした。
どんな内容だったかは、商売に差し支えるので控えるとしまして。
じゃなくて。
現在の自転車ブームと、自転車レストアのニーズ、製品のトラブルや間違えがちな作業内容に注意を喚起する内容でした。
多分。
居眠りして聞いていなかったわけではないですよ。
どちらにせよ、シマノは単純にパーツのメーカーではなく、いまや自転車の進化を決める大きな一つです。現在でも古い規格の部品を作り続けながら、最新のコンポーネントを展開します。
ちなみに、セミナーの以前は15mmアクスルに必要を感じなかったのですが、それは自分の勉強不足ということが良く分かりました。
シマノとフォックスが組むということは、やはり結果が出るんだなあ。
その最新のものや、以前のボスフリーハブだとか、それぞれを合わせると膨大なラインナップです。しかしシマノの場合は、その製品情報を詰め込んだ販売店マニュアルがあり、各自転車店の知識経験に関係なく、的確なスペックのパーツを求めることができます。
全ての輸出先の国の規格に合わせるため、ほぼ世界の品質基準に適合します。誰が読んでも、内容を理解できれば間違いなく組み付けられるように各国語で書かれたマニュアルが付属します。
つまり、説明書を見れば、大体OK!
ただ、その当たり前のことすらおざなりになっていることも否定できず、その問題提起もあるのかなあ、とよだれたらしながら思ったのでした。
DSK