さようならメルクス。

お店のカウンターの上にぶら下がっていた、エディメルクス(‘93年製?)のフレームが旅立ちました。

$Cycling Shop Yamane (サイクリングショップ ヤマネ)

自分がまだ中学生の頃でしょうか。塗装もあせず、現代の機材で組みあがった車体はなんだか、自転車って時をまたぐなあ、と思わせます。
はやりすたりもあるけれど、しっかりとした伝統のようなものが、誰にということもなく引き継がれていくんでしょうね。

ついでに、

Cycling Shop Yamane (サイクリングショップ ヤマネ)
Cycling Shop Yamane (サイクリングショップ ヤマネ)

こんなものも入荷というか、まあ自分の趣味、も兼ねて、古いマウンテンバイクの復活に、古いパーツを見つけては仕入れています。
まあ大体、在庫をひっくり返せば、今までのところ、あ、やっぱりあったんや~、ってことも多く…。まあさすがにスプリングコイルは無いと思うのですが。
どちらにしろ、自分が走れなければ、いまいち要領をえません。走ろう。
走れるようになったら新しい機材を勉強して行こうと思います。
と思って昨日は八幡浜に走りに行きました。
しかし、愕然とするぐらい遅いのです。
まだまだ、まだまだです。
DSK

雨の続く中

雨の中、作業をしています。
今の自分に出来る作業の内容をやっています。
主に店内の片付け、商品の展示を調整したり、ケーブルやブレーキ等の消耗品の交換です。
パンク修理がなかなか難しいものですね。
このバイクも、10年前の物ですが、ガタはありませんでしたので、自分の作業で片付きました。
サスもまだいけるし、ケーブルはピンクで?…。
長く乗ってもらえるというのは有難いことです。

Cycling Shop Yamane (サイクリングショップ ヤマネ)

さて、新しい商品はホームページに掲載し、古い面白いものが出てきたり、グダグダした内容はブログにと思ったのですが、やはりなかなか大変ですね。たくさんのネタが出てきます。
いきなり飽きてきました。
作業をする方が大事なんだと思いつつ。でも折角なので、出来るだけやりましょう。
今日は、店主に、あるぞ、と出されたのが、

Cycling Shop Yamane (サイクリングショップ ヤマネ)

ストラトスのリアショックで当時4万のリモートロックアウト付き、リバウンドアジャストでエアスプリング!もちろんMade In AMERICAです。
10年前に仕入れてから売れてない…。ってことですね。
スレッドコラムのサスもごろごろありました。
最近、仕入れが嵩んでいるなあ。…大丈夫かしら。
DSK

Cycling Shop ヤマネのウェブサイト

もわっ、とした一日でした。
自転車を外に展示できず、狭い店内での作業と相成りました。
この狭さ、なんとかせななりません。

Cycling Shop Yamane (サイクリングショップ ヤマネ)のウェブサイトへ

・・・前回に告知しましたヤマネウェブサイトを、不完全ながらもサーバーにアップしました。
ここから緑色なページにつながります。
入荷商品、直近のイベントの情報、取扱商品の案内、お店へのアクセスが分かるようにしています。
詳しいイベントの内容日程や、その他、必要なページを考えていますが、どうしたもんでしょうか。
このネット社会のさなか、ホームページは商いに必要なのでしょう。しかし載せるべき情報と、そのレスポンスを考えるとまた、難しいものです。
そして同時に、ブログの内容はビジネスから更に脱線していくものと思われますが、どうかご容赦下さい。
DSK

展示会のあと。

なかなかの寒波です。
北海道に放ってきた家は今、-30℃の真っ只中です。
さてさて、展示会でお店を空けたあと、しばらく遅れを取り戻すのに大忙しでしたが、
そもそもが遅れていたので、結局お待ちいただいている方はそのままお待たせしています。
ご迷惑をお掛けしています。
そんな中、展示会にて業界の動向や新商品について収拾して来させていただきました。
改めて飛び込んだ自分には勉強になることばかりで、あっという間に日程が終了しました。
店長たち二人がしっかりと商談をし、契約、古参の方々と歓談、注文している間に、聞いてまわりました。本州に出るとやはり人口規模やフィールドが違うので、高知と違う流れを感じます。
もちろん高知で商いをしていますので、高知の状況を見なければならないのですが、各地で行なわれる大会、イベントの規模、トレイルやストリート、整備される4X、バンプトラックもあるらしいし…。
なんて、やっかんだりもします。
とはいえ、高知も遊び好きな土地柄です。前から大豊周辺でトレイルを整備しているお店の方がいるらしいのでお話を伺いたいとも思います。
両親のサイクリング、ロードレース、トライアスロンなどの活動をしてきていた流れもありますが、少々自転車を離れすぎた自分は、すこし違う自転車の楽しみを見ていたりもします。
あまり難しく考えないようにしなければ。
で、2日間の中に6社もの展示会が開催され、移動にセミナーに、商談に大忙しでした。

Cycling Shop Yamane (サイクリングショップ ヤマネ)

なかなか広いこんな会場や、

Cycling Shop Yamane (サイクリングショップ ヤマネ)

このように倉庫を解放して行ったり、様々です。
カフェを貸切にして会場にしていたり、なんまらばかでかいエントランスでビルの名前はない、そんなところもありました。

Cycling Shop Yamane (サイクリングショップ ヤマネ)

商談する店長。ジロやリクセンカール、シュワルベなどを扱う問屋さんにて。

Cycling Shop Yamane (サイクリングショップ ヤマネ)

最近は普段使いのできる、パーク系ヘルメットが充実してきています。これならbernに対抗できる??

Cycling Shop Yamane (サイクリングショップ ヤマネ)

このミカシマのペダルと・・・、

Cycling Shop Yamane (サイクリングショップ ヤマネ)

ライトウェイのSRサンツアーのDJフォークはまず自分で使ってみようかな・・・、
など、かなり横道にも逸れてました。
今回の出張での一番の収穫は、エディメルクスのスカンジウム製フレームの取扱です。
高知で受け入れられるか。
クロモリフレームのサーリー、
シューズのトラブルを解決するインソールメーカーのコンフォーマブルなども改めて入荷する運びとなりました。
但し、各10年度モデルが揃うのは春からで、もうしばらくかかります。
今のうちに店内を更に片付けねばなりません。電動デュラエースも一年越しで眠っています。展示せな。
しかも、Cycling Shop ヤマネのホームページも簡単なモノながら製作中です。
近日中に公開できそうです。
・・・だんだん、煙を吹いてきています。