バイクロアが高知にやってきた!がないがやないがやないがー!

自転車に乗っていて、

少し小慣れてきた頃合いで、お洒落な格好でこの趣味を楽しみたいと思い始める、

ダートを走る魅力が分かり始める、

でもレースの醍醐味も感じ始めてしまった、

この3条件が揃う人だと何故か知っているのがバイクロア。
2年前ぐらいに松山でチラッと開催され、昨年は伝説的となったアーバン・バイクロアがなんと大阪・梅田駅の真横で行われました。その来場者数は5000、万かもと言われ。参加賞でも各メーカーの目玉商品がふんだんに配られ、ギャルが自転車にキャーキャー言ってたらしい??という夢の大会だったそうです。

バイクロア、
なんだか自転車業界内外の自転車好きが4人〜ぐらいを中心に様々なセンスが集まり埼玉・秋ヶ瀬ではかなりの出展・来客・新しい取り組みがあり、なぜかコースサイドに五右衛門風呂があったりするらしい。というイベント。スタンディング・スティルだけで成立する種目すらある。(そういう勝手な私のイメージです)

それが高知に来ると聞かされて、ホンマかいなーと、いや新型のコロナの拡大で訳の分からぬ年です。バタバタしていたら申込開始。そしてあっという間に本番です。

バイクロア in 仁淀ブルー 11月の14日と15日開催でした。

何とは無しにその自由な雰囲気、様々な自転車とその乗り手が相まって音楽も掛かる、キャンプ的なノリもあるという事を聞いていて、自転車のフェスの様に思っていました。フジロックやエゾロックなどのように自転車でも出来たらえいよねと、そう思っていた自分ですから憧れもあったイベントです。高知の最果てに封ぜられた自転車乗りもあれは良いものだと、言うておりました。

で、どうやら良いらしいのですがイメージしか無く、どう遊んでいいかはぶっつけでやろうや!となりました。割と当KCTCの若輩連中、仲間たちは参加することになり。エースはサスペンダーでイクそうです。各自、思い思いのスタイルで仁淀川の波川公園に集まりましたよ。

ガッツリと設営されたテントやフライオーバー、かなり美味しそうな出展ブースが並んでいます。そういえばキャンプサイトもありましたね。

レースも始まっていて、当日参加もOK。通勤仕様のママでもいい。耐久レースをやって締めはガチ目のファストクラス。加えて当日アレンジされた“ザブ”クラスもやってやりました。

そのザブクラスは、鎌井田に構える“有機高揚”さんが提供するZABでの川下りを混ぜ…
自転車でコース1周+ZABで川下り+サウナで整う?+河原を素足でランニングで競われました。

痛くて走れるか!と早歩きw
競技中にまさかのサウナで暖まるとか、その想像の斜め横200mを楽しませてくれました。かなり楽しんで記念品と表彰台をゲット。

そしてファストクラス。少年が速ー!
大人気なく付いていったり、林間でぶちコケたり。

ジャングルの住人、いや獣扱い?をされたり

を繰り返しながらなっかなか楽しみました。
いやいや、ブースのご飯も美味しく、レースをせずに回ってもいいぐらいアパレルなどもあった模様、キッズレースも盛り上がっていましたよ。

いい音楽も、人も沢山でした。

その惜しむらくは告知のし辛さと、短さでした。他イロイロ。
この良い取り組みは、コアでありつつ自由で、裾野を広げようと言う懐もあります。

この「コアでありつつ自由」という言い方ですがバイクロアが気になる方はぜひヤマネや、のみならずこのイベントに関わったところに聞いてみて是非次回参加してみてください。インターネットに文章で載せるよりクチコミでやりましょう。来年あるそうです、期待しています。

写真はいつもの©︎南予鮫 +少し私

CJ菖蒲谷 タフでハードなソーシャル・レーシング

3月の岡山シクロクロス以来の4ヶ月ぶりです。
そして日本に押し寄せる第2波のうねりでどうしたものか、悩みながら行動するレースウィークでした。

軽量速攻として、スペアやキャンプ道具を絞りました。
というより久しぶりで忘れ物が少々。

会場入り口ではピッ、と検温して入場です。

1日目のXCCで身体を慣らし、2日目の本番XCOアドバンスでちゃっかり完走、のつもりです。今シーズンはコロナ対策でレース時間短縮らしいし?噂のコースはかなり作り込まれていて、気温は30度に近い感じ、時折通る風は涼しいです。

いくつかのジャンプやドロップは一つ一つクリア自体は何とかなるものの、繋げた上で更にタイム的に美味しいやり方・正解を見つけるのが菖蒲谷の流儀です。

試走してみました、降りはハマると爽快な感じ、じっくり登った先に北壁とかわざわざコースサインがありますな…。八幡浜の奴隷坂とはまた違った、50Tの限界を感じる激坂があります。早速に脚が売り切れます。もう一個の激坂は繰り返せるのですが、コッチは無理。丁寧に10倍ワット?!で回せると登れます。うーん。この一年間はほとんど通勤ライドしかしていないような状態で、前厄です。誤魔化しが効かない正に壁のような奴です。

XCCスタート、踏み出せず小学生と一緒に登ります。
これは短いレースなので、ショートループを2周、しかし踏めず回せず昨年の敗者の走法どころか只のナメクジです。若者と楽しく絡んでコケながらゴールしましたが、彼は初レースだったそうです。ナンテコッタ。熱くて熱中症気味だったからとか言い訳しながら片付けをします。練習不足ではあるけど、去年の最期の京都のレースではもう少し走れてたし、とか思ってみました。

無くしたものを回収その1、リモートレバー…

大切な何かを無くしてしまって探すかのように山に戻ったりして土曜日が終了。

その2、テントに届けられていたGPS…

日曜日の朝、もう一つ戻ってきました。ありがとうございます。さて脚は回復したのか。昨晩はビール2本しか飲まない初めての本番です。天候も良くホイールはメインのドライ用に変えました。スタート招集に順調に到着し歓談しリラックスして15秒前を迎えます。

スタート配置はコロナに対応し1m以上左右が開いていますね。以前まではハンドルが触れ合うようでした。

順調だ。直後少し踏み外しつつも悪くないスタートです。意外と遅れない、多少抜き返しながら最初のジープロードを登り切りました。続く激坂もちょっと抜きながら序盤をクリア出来ました。

なんだか脚が軽いぞ。なんせ中ジョッキ2本だし、カーボンホイールだもんな!とか思いながら北壁一発目、で終わりました。他の登りはただただ登れるもののジープロードですら50Tを使ってしまう状態に。

スタート前までは、サポートを申し出てくれたエリートでプレミアで強力な某チームに要りませんよ〜なんて嘯いていました。今はありがとうござます!冷たい掛け水に縋り付きお陰さまで走っています。

ヤマネ With Click八幡 by 上野サイクル

復刻ジャージはお山のレースにも合うなあ。

さて今回はコミッセールのご厚意らしくレース時間設定はいつも通りの上、足切りがありませんでした(エリート除く)。いわゆる完走は出来ませんでしたが、ありがたく時間いっぱい走ることが出来ました。きっつー。

機材の準備や整備不足もありましたが、何よりこの状況で日常のトレーニングの大事さが身に沁みました。初戦でいきなりこの気温と強度とで差がハッキリと現れます。これで普段通りならエリートでも無いのに2周で切られる勢い。こんないい会場のレースなのに勿体ないな。そういえば最近お酒も弱くなったし、加齢が原因か(違うか!)

秋の下関辺りが開催されることを祈って、そうじゃなくても毎週走るようにしたいと思いました。ハイ。夏の間は日曜朝8時出発でサイクリングとしましょうかね。